育毛剤の種類と上手な使い方を教えます

育毛剤の種類は大きく分けて医薬品と医薬部外品がある。育毛関連の医薬品では、「ミノキジジル」「プロペシア」の二つがあるが、ミノキシジルはドラッグストアで購入する事が出来ます。プロペシアは、医療機関で処方して買う必要があります。医薬部外品は防止が目的で、医薬品は治療目的です。育毛剤に限りませんが医薬品には医薬効果があるので副作用の危険性があります。医薬部外品では、ほとんどの商品に植物エキスを配合してあるので、副作用の危険性は少ないです。使い方としては、風呂上りと朝に1回ずつ行うのがベストと言われています。お風呂に入った後の頭皮は、頭皮が綺麗になり毛穴が開いているので浸透しやすくなっています。そこに栄養を与える事によって栄養分が頭皮に入り込んでいくので、育毛や発毛により期待がもてます。

育毛剤をより効率的に効果を発揮するために

育毛剤は、自分にあった商品を選びましょう。育毛剤には色々な薬品が配合されているので、染みる可能性があります。染みる状態で育毛剤を使っていても、頭皮を痛め悪化させてしまうだけです。育毛剤は、中々効果が表れないと言われているのも事実ですが、それは、自分の悩みにあった育毛剤を使ってない可能性があります。例えば、毛穴の洗浄が目的なのか、血行促進が目的なのか、細胞分裂促進が目的なのか人によってバラバラです。毛穴の洗浄のせいで進行が進んでいるのに、血行促進の効果のある育毛剤を使っても意味がないですよね。なので、美容院でも頭皮を確かめる事が出来ますが、原因を突き止めるには病院頭皮を診てもらい、頭皮の原因にあった育毛剤を処方してもらいましょう。育毛剤だけに頼っていては頭皮に良くありません。適度な運動、栄養のある食生活、十分な睡眠、など、生活習慣を見直すことも大事です。

育毛剤や発毛剤の正しい手順を紹介します

育毛剤の手順として、まずはお風呂に入って頭皮を洗浄しましょう。美容院や床屋には、頭皮の汚れを綺麗に取ってくれるシャンプーがあるのでそういった商品も使うとより効果が高まります。風呂から出て、軽くタオルドライしてから育毛剤を頭皮付近に近づけて直につけてあげましょう。この際に、タオルドライは頭皮を痛めないように軽めにしましょう。頭皮を痛めると育毛剤が染みる可能性があります。頭皮に付けたら、軽く手で頭をマッサージしてあげましょう。この時のマッサージにより、頭皮の血行が促進され発毛に効果が出やすくなります。1分程マッサージしたらドライヤーをしましょう。ドライヤーをしないと、水が頭皮に溜まってしまい、時間が経つと頭皮に育毛剤の効果が薄れてしまいます。ドライヤーをしっかりと当て乾ききったところで手順終了です。

Copyright 2018. NsThemes WordPress Theme.